「スポーツバイク」の魅力とは!?①

みなさんこんにちは。今回は「スポーツバイク」の魅力についてお伝えしたいと思います。「スポーツバイク」とは、「アメリカン」や「オフロード」とは方向性が全く違う「舗装された道路」や「サーキット」を走るために特化したバイクです。同じ「スポーツバイク」でも色々な種類がありますが、今回はそれらを全てまとめたような感じで「スポーツバイク」の魅力について解説出来ればなと思います。

「エンジン」は最先端技術

「エンジン」とはバイクの心臓のようなもので、バイクを走らせる「動力」となっている部分です。「スポーツバイク」のエンジンは、まるでレーシングマシンかと思われるほど、洗練されたメカニズムとなっています。それが「スポーツバイク」を所有する醍醐味と言っていいかもしれません。

機械に詳しくない人には、その全てが玄人向けのものに見えるかもしれませんが、そんなことはありません。しかしその機構というものは、各メーカーが今までメーカーが苦労に苦労を重ねて開発を続けていたものですので、全ては「走りに集中」出来るよう開発されています。つまり、誰もが不安なく走れるように作られていますので、逆に初心者に向いているものとなっております。昔の「スポーツバイク」というとものすごくエンジン特性がピーキーだという印象がありますが、最新のバイクは誰が乗っても同じような特性が出るよう作られていますので安心しても良いと思います。

電子制御のステアリングダンパー

最近の「スポーツバイク」でも、付いているものと付いていないものがありますが、最近ではこの「ステアリングダンパー」が装備されているものが増えてきました。「ステアリングダンパー」とはハンドルの振れを抑える機構のひとつです。イメージでいえば、ハンドルに「サスペンション」が付いているようなイメージです。

現代の「ステアリングダンパー」は電子制御になっていて、街中やヘアピンでは極力運転の邪魔にならないよう制御を抑えていて、サーキットや高速道路での高速域では逆に大きめに働くよう出来ています。これは高速域ではハンドルが急に振られると、バイクがバランスが崩れ、転倒などのリスクが高まるからです。わだちや急ハンドルによってバイクが不安定になるのを、この「ステアリングダンパー」で制御してハンドルの振れを抑えることによって、皆さんが安心してバイクに乗れるよう制御されておりますので、初心者に向いているといっても過言ではありません。

ポジションが可変機構となっている

「ポジション」とは、バイクで跨った際の「シート高」や「ハンドル位置」、「ステップの位置」に依存しています。古いバイクでも、ステップの位置を変えたり、ハンドルの高さを変えたり、シート高さを低くしたりとカスタムが出来なくもないですが、余計にお金が掛かってしまいます。

最新のバイクは「ドゥカティ・999」や「スズキ・GSX-R1000」等、「ポジション可変機構」を搭載したバイクが登場してきています。この「ポジション可変機構」はライダーの体格に合わせてステップの位置を変えられるよう出来ております。まだまだ搭載されているバイクも多くはないですが、不特定多数に向けたバイクのセッティングが出来るようなっいます。「無理な姿勢でバイクに乗る」と運転が不安になりがちです。そのような「不安」を排除出来るよう各メーカーは取り組んでいます。

良く効いてくれるブレーキ

最新の「スーパースポーツ」バイクは、超高速域からの減速を前提としているため、かなりブレーキが強めに効くようになっています。しかしいくら強く効くといっても、「ブレーキを強くかければ強くかけるほど」効くように出来ているため、ブレーキの効き方はすごく穏やかに出来ております。なので、ライダーの支持に応じたブレーキの効き具合となりますので、初心者にはとても扱いやすくなっています。「思ったよりブレーキが効かない…」なんてことは無く、強く効かせたい時には効かせられる。ゆっくり効かせたい時にはゆっくり効かせられる。といったライダーの指示に対して素直な特性になっているものがほとんどですので、初心者の方も安心してバイクに乗れるのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか。今回は4つの項目について「スポーツバイクの魅力」について解説させて頂きました。この他にも「スポーツバイク」には魅力があります。今回の記事とはまた別に書かせて頂ければと思いますのでよろしくお願いいたします。今回はこの辺で。

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!