【ライテク】腰をずらすとバイクが曲がる理由

はじめに

この記事は前回の記事「【ライテク】余計な力を入れるとバイクは曲がらない!!」の続きになります。ご覧になられていない方はまずそちらの記事を読まれることをおすすめします。以下にもリンクを貼っておきますので、よろしくお願いいたします。

タイヤが太いバイクは腰をすこしだけずらす

この前バイクに乗ったけど、派手なオーバーアクションを無くせば、確かに曲がりやすくなった気がするわ。

それは良かった。
僕のアドバイスが効果あったようだね!!

でもまだ若干の曲がり始めるのにタイムラグがある気がするわ…
まだ慣れていないからかしらね…
あとなんで腰をずらせば、バイクが曲がりやすくなるのか分からないままね。

まあ慣れてないのもあるかもね。
じゃあ今回は「腰をずらすとバイクが曲がる理由」について解説するよ!!
理由が分かれば意味を持ってバイクに乗ることが出来ると思うからね!!

早速説明してもらえるのね!!
お願い早く教えて!!

焦らない焦らない。
原付やタイヤの細いバイクにはあまり効果がないけど、大型バイクなどのロードモデルは基本的にリヤタイヤが太くなっていることがほとんどだから、これから説明する内容は効果てき面だと思うよ!!

そういえば私のバイクのリヤタイヤも太いわね。

早速だけど、コーナリングの時に地面に設置しているタイヤはどの部分だと思う?

それは当然タイヤの端の方の部分よね。
「スーパースポーツバイク」なんかだと、タイヤの端をどこまで使ってるかなんて競争をするものね(笑)

その通り!!
でも直進している時は当然タイヤの中心部分が地面と設置しているというのは分かると思うんだけど、コーナリング時はタイヤの端の方が設置しているということは、当然コーナリングの途中で設置面が移動していることになるよね。

まあそういうことになるわね…
でもそれがどうしたの?

それがコーナリング時の「タイムラグ」の正体なんだ。
つまり設置面が移動していってる時間があるから、どうしても曲がり出しが遅くなっていってしまうという訳。

じゃあどうすればいいの?

コツとしては曲がる時に腰を若干曲がる方向に「ずらす」ようにして、タイヤの設置面を変えておくということだね。
そうすることによって、バイクを倒した時にそのタイヤの設置点を起点に曲がり始めるから「タイムラグ」が生じにくくなるよ!!

なるほど!!
起点を作ってあげるということね!!

そういうことになるね。
ただ注意して欲しいのはいくらタイヤが太いからといっても、タイヤの中心点から端までの距離はわずかなものだから腰の動かす量はその距離と同じ分でいいよ。

そう考えるとほんとに少しということになるわね。

まあ体感的に言うと「握りこぶしひとつ分」ぐらいとなるね。

思ったよりさらに少ないわね…

でも本当にこれぐらいで十分なんだ。
これ以上「ずらす」となると、タイヤの幅分以上ずしても大して効果がないし、オーバーアクションになって身体に力が入ってしまいがちになるからね。
身体に力が入ってしまうと前回の記事でもお伝えした通り、バイクの自然な動きを邪魔してしまうからね。
かえって「危険」になる恐れがあるよ。

でもレースなんかじゃもっと腰をずらしているように見えるわよ。

まああれはハイスピードでコーナーを曲がっているし、「膝を接地させること」で3点支持のようになって旋回安定性が増すという理由があるからみたいだね。
まあ公道で乗る分にはそこまでハイスピードで曲がる必要もなければ、膝を擦って3点支持をしても路面がサーキットのように「完全な平面」では無いから危険だよ。
しかもタイヤのグリップ力も「サーキット用のハイグリップタイヤ」に比べると全然足りないし、そこまでバイクを倒しても滑って転倒する危険性が増すよ。

確かに路面がぬれていたり、白線や落ち葉なんかもあって路面が均一ではないものね。

だから「安全運転」の観点から言うと、安心してコーナリングするには「握りこぶしひとつ分」の腰の移動量で十分なんだよ。

確かに「安全」は大切だもんね!!
今回のことを踏まえて今度バイクに乗ってみます!!

分かってもらえたようで良かったよ。
あと前回解説したように、腰をずらすのは「真横」では無く、重力に逆らわずに「下方向」にずらすというイメージを忘れないでね!!

了解でーす!!
今回もありがとう!!

最後に

いかがだったでしょうか。今回は「コーナリング時に腰をずらす理由」について解説させていただきました。サーキット走行では膝を擦る必要があるかもしれませんが、ご自身のバイクの限界は忘れないようにして下さい。いくらバイクの性能があっても、タイヤのグリップ力が無ければ簡単に転倒してしまいます。サーキット走行の際は「ご自身の装備」や「バイクの装備」は決して怠らないようにして下さいね。またライテク関係の記事は書かせていただきますので、よろしくお願いいたします。それでは今回はこの辺で。

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!