即席袋麺紹介①~金ちゃんラーメン~

みなさんこんばんは。けいともです。

何を隠そう私はラーメンとうどんが好きです。(別に隠してもない笑)

そこで今回からラーメンを中心に紹介するシリーズも始めたいと思います!!(本業はクレーン車解説です)

時にはうどんも紹介したり、実店舗のラーメンやうどんも紹介していきたいと思っております。袋麺を中心に紹介していきますが、定番からちょっと全国には馴染みのない物まで色々なものを紹介出来たらと思っております。

それでは記念すべき一回目を飾る袋麺(ラーメン)を紹介していきましょう~

徳島製粉・金ちゃんラーメン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA/撮影・けいとも

今回紹介するのは、「金ちゃんラーメン」という袋麺です。

見たことない…と言う方の方が多いと思います。このラーメンの製造会社は「徳島製粉」という徳島県の会社が作っているものです。

といっても徳島県でしか買えない訳ではなく、四国エリアのスーパーでは簡単に見つけることが出来ます。(中国地方や関西地方のスーパーでも売っているかも?)

徳島といえば「徳島ラーメン」が有名ですが、この「金ちゃんラーメン」はあっさり醤油系のラーメンとなります。(徳島ラーメンはどちらかというとこってりとんこつ醤油系です)

この「金ちゃんラーメン」の歴史は古く、誕生したのは1967年(昭和42年)というロングセラー商品です。ちなみに「金ちゃん」の名前の由来ですが、徳島製粉が自社ブランドで使っている小麦粉に「金鶴」というものがあるらしいのですが、そこから名付けられたようです。

以上が「金ちゃんラーメン」の簡単な紹介でした。紹介だけしていても何も始まらないので、早速作って食べていきましょう!

実食

という訳で作りました。作り方は一般的な袋麺と同じで、550mlの水を沸かして麺を投入後、麺をほぐして粉スープを投入するだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA/撮影・けいとも

ラーメンとんぶりではなくてすみません(;´Д`)

現状持ってなくて鍋そのままです…いずれどんぶりは買いますのでご容赦下さい。

具材は魚肉ソーセージを一本投入してみました。なぜ魚肉ソーセージなのかって?

私は「金ちゃんラーメン」には魚肉ソーセージを投入するのが一番合うと思っているからです(笑)

というのも、私は徳島県の出身でして、小さいころかせこの「金ちゃんラーメン」を食べております。いつも私のおばあちゃんが作ってくれていたのですが、魚肉ソーセージが入っておりました。それから私は「金ちゃんラーメン」には魚肉ソーセージを投入している訳です(笑)

私がこのラーメンを記念すべき一回目に紹介するのも、馴染みのある商品だからなのです。

ごたくは置いておいて説明に戻りますと、スープは見て貰えれば分かる通り、結構薄めな醤油系という感じです。

それでは食べていきましょう~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA/撮影・けいとも

麺は粘りとコシがしっかりとあって、食べ応えのある麺ですね!!懐かしい感じです(笑)

スープもさっぱりとしていて、非常に食べやすい感じです(^^)

魚肉ソーセージも絶妙にマッチしていて、私にとっては「おばあちゃんの味」ですね~

これほど魚肉ソーセージが合うラーメンはなかなか無いので、魚肉ソーセージはオススメですよ(笑)

ちなみに気になるカロリーですが、1人前あたり473kcalと袋麺にしては結構高めだと思いますが、麺がしっかりとしているので恐らくこのカロリーになったのでしょう。

カロリーを気にしたらアレですが、味的には夜食にピッタリという感じでしょうか。

久しぶりに食べたことも幸いして、最後まで美味しく食べさせていただきました♪

最後に

いかがだったでしょうか?

私の人生で初の食レポ(笑)

意外に何を書けばいいのか分からなかったですが、この「金ちゃんラーメン」に興味を持っていただけましたら幸いです。

一応下に楽天のリンクを貼っておきますので、興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金ちゃんラーメン(5食入)【金ちゃん】
価格:378円(税込、送料別) (2020/3/12時点)

次回以降も他のラーメンやうどんを紹介していけたらと思いますので、そちらの記事も読んでいただけましたら幸いです。(クレーン車の解説記事もよろしくお願いします)

それでは今回はこの辺で!

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!