バイクの違い「オフロード」と「オンロード」

バイクには大きく分けて「オンロードバイク」と「オフロードバイク」の2種類があります。細かく分けるともっとおおまかな違いがありますが、この「オフロード」と「オンロード」ではカスタムの方向性も大きく変わってくるので、「まず自分がバイクで何をしたいのか」ということを念頭においてバイクを選ぶことが大切だといえるでしょう。この記事では「オフロードバイク」と「オンロードバイク」のそれぞれの魅力について解説しますので、自分にどちらがあっているかを考えて頂きたいと思います。

バイクの細かな種類については前回の記事で詳しく紹介していますので、そちらを読んで頂けますと幸いです。

「オフロードバイク」と「オンロードバイク」の違い

バイクには大きく分けて「オフロードバイク」と「オンロードバイク」という2つのタイプに分かれています。その名の通りオフロードは、山道や砂利道、ダートトラックなどの舗装路面ではなく未舗装の路面を走ることを目的に作られており、オンロードバイクでは走行できないような悪条件の路面でも走破することが可能となっています。ただそのような路面だけしか走行出来ない訳ではなく、オンロードと同様に舗装路面を走行することも可能で、車体も軽く、小回りの利く車種が多いこともオフロードバイクの大きな特徴です。

対してオンロードとは舗装された路面を走ることを目的に作られていています。長距離でのライディングや乗り心地、更には加速性能という項目を重視した車種が多いことが特徴です。「オフロードバイク」とは逆で、未舗装路面を走ることは正直いって得意ではありません。

「オフロードバイク」の魅力とは

「オフロードバイク」の特徴は高い車高と大径のタイヤ、サスペンションのストロークが長く(大きく沈み込む)なっているので、障害物を乗り越えるということなど、凹凸路面の走行が得意です。車体がかなり軽量に作られていて、車体のサイズもオンロードタイプに比べてコンパクトになっています。「オフロードバイク」は未舗装路をゆっくり走ることが多いので、ほとんどの車種が排気量250cc以下で車検が不要であるというのも大きなメリットです。ただ車検がないとはいえ、日々のメンテナンスは大切ですが、車検が無いというのは経済的にはかなり優しいバイクだと言えるでしょう。

さらに「オフロードバイク」はオンロードタイプに比べて軽量な車種が多いです。(車体がコンパクトなのも影響ありますが、無駄な部品がほとんど付いていないという要因があります)ので、足つきが悪いという特徴がありますが、転倒してしまったとしても簡単に起こすことが出来るという点もメリットだと言えるのではないでしょうか。

車種が「オンロードバイク」よりも少ないという難点もありますが、以上の要因から初心者に向いているバイクとなるのではないでしょうか。「足つきが悪い」車種が多いですが、ヤマハ・セロー250のように抜群の足つき性を誇るものもあります。



「オンロードバイク」の魅力とは

オンロードバイクの最大の特徴は「オフロードバイク」とは違い、圧倒的に車種の豊富であるということが言えるでしょう。

レースで使用されるようスーパースポーツ(SS)は、その圧倒的な加速性能と高い旋回性能など抜群の機動力を備えているため、根強いファンが多いという特徴があります。ハーレーダビッドソンが代表と言える「アメリカン」や「クルーザー」は重心が低く足付きも良いため、のんびり、ゆっくりと走行したい方にはうってつけのバイクです。それらの中間して存在しているのが、日本でもっとも普及している「ネイキッド」と呼ばれる車種です。車重さも「アメリカン」や「クルーザー」よりも軽いため扱いやすく、「スーパースポーツ」まではいかないにしても、車を超える加速性能があり、長時間でのライディングも得意分野となっています。

この他にもビッグスクーターなど、多くのタイプが「オンロード」のバイクとして分類されています。このように豊富な車種から選ぶことが出来るというのが、「オンロードバイク」の大きなメリットなのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか。バイクは「趣味の乗り物」です。「一体自分が何をしたいのか」、「自分に向いているものは何か」をこの記事を読んで検討して頂きたいと思います。もし、「あれが欲しい」というのが決まっていても、バイクショップに行くと気か変わることもありますので、実車を確認することは大切にして下さいね(笑)少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!