バイクの種類ってどんなのがあるの?

ただ単にオートバイ(バイク)といっても色んな種類があります。日本国内のみならず、世界中のオートバイメーカーがライダーの好みや用途に合わせた色々なオートバイ(バイク)を展開し、販売しています。

今回はその"種類"について解説していきたいと思います。

ネイキッド

バイク全体を覆うカバーの類 (カウルなど)がなく、 ライトまわりからエンジンまわりにかけてすべてむき出しになっているタイプのバイクのことを"ネイキッド"と呼びます。代表的なものでいえば、ホンダ・CB400SFなどをイメージしてもらえると分かりやすいでしょうか。

1970年代後半まではカウルの無いこのタイプのバイクが主流だったのですが、1980年代に入ると“レーサーレプリカ”と呼ばれるバイク全体をすべてカウルで覆ったバイク(フルカウルモデル)が登場し、一世を風靡(大ヒット)しました。これに対してカウルがないモデルを、カウルがない=裸(naked)という意味からネイキッドと呼ばれるようになりました。

さらに最近ではネイキッドバイク=丸目一灯とイメージを覆すような、シャープなデザインのヘッドライトやテールカウルなどが付いているモデルも登場しています。それらは従来のネイキッドと区別して“ストリートファイター”と呼ばれています。この"ストリートファイター"と呼ばれるバイク(代表的なもので言えばカワサキ・Z1000など)は後述する"スーパースポーツ"バイクのエンジンをそのままでネイキッド化されているような高性能モデルが多いのも特徴です。

また、あえて昔のスタイルのバイクを模倣したような"ネオクラシックバイク"と呼ばれるものも登場しています。(カワサキ・Z1000RSなど)

スーパースポーツ

サーキットやレースでそのまま走れるような、高い性能を持つバイクです。代表的なものでいえばホンダ・CBR1000RRヤマハ・YZF-R1などが該当します。特徴としてはバイク全体がカウルなどで覆われていて、左右のフロントフォークに直接取り付けられている垂れ下がったセパレートハンドル(通称セパハン)が採用されています。現在は600ccと1,000ccが主なラインナップとなっていますが、これはレースのクラス分けが要因です。あえてこれら以外の排気量を持つものも存在しています。(カワサキ・ZX-6Rなど)スーパースポーツのことを略して"SS"と呼ばれることもあります。

スーパースポーツはあくまでもサーキットなどでのスポーツ走行を楽しむためのマシンですので、ツーリング等の長時間走行には向いていないと言われています。セパハンが採用されているので姿勢がきつくなってしまうのが要因です。私もスーパースポーツでのツーリングの経験ありますが、手首や腰などの負担が多く疲れてしまいました…。慣れなどもあると思いますが。

ツアラー

高速走行時の快適性や街中での扱いやすさなど、とにかくツーリング時の快適性を追求したモデルのことを"ツアラー"と呼びます。代表的なものはスズキ・隼などをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。多くはフルカウルを採用しているのでパット見は前述の"スーパースポーツ"に見えますが、スーパースポーツのように加速や最高速を追求するためではなく、ライダーが受ける風の抵抗を減らすための形をしているのが特徴です。ハンドルもスーパースポーツほど垂れ下がっているわけではなく、ポジションが楽なのも特徴です。一昔前はツーリング性能を追い求め、大きくドッシリとしたモデルが主流でしたが、最近ではスーパースポーツさながらの軽量・コンパクトな車体に快適性を持たせた"スポーツツアラー"(ホンダ・CBR650Rなど)と呼ばれるモデルが人気を集めています。



オフロード

未舗装の荒れた路面(オフロード)を走るために、前後のサスペンションの作動量(ストローク)が大きくなっていて、最低地上高も確保し、さらにオフロード走行に不要な部品を極力省いて車体を軽量に仕上げたモデルを"オフロード"バイクと呼びます。代表的なものでいえばヤマハ・WR250Rなどが挙げられます。見た目からわかる特徴としては、幅広でフラットなハンドルや、スリムで細長いシート(ただし基本的には人によっては足が付かないぐらいシート高がある)、凸凹としたブロックタイヤ、アップタイプのマフラーなどが特徴です。

前述の通り、基本的に足つきは悪いですが、車体が非常に軽いのでこけそうになっても足で支えることも容易です。他にも、こけることが前提で作られているバイクなので、非常に頑丈に作られているのも特徴です。

一口に"オフロード"といっても色々な種類があり、ヤマハ・WR250Rのようなジャンプなどを行うダート競技に使えるバイクから、ブロックタイヤではなく小径のストリートタイヤを履いている"モタード"(ヤマハ・WR250Xなど)と呼ばれるモデルや、ダートのトラックレースに特化したような"トラッカー"(スズキ・グラストラッカーなど)と呼ばれるジャンルのモデルもあります。

アドベンチャー

"ツアラー""オフロード"の良いとこ取りしたようなバイクを"アドベンチャー"と呼びます。代表的なものでいえばスズキ・V-Stromシリーズなど。長距離ツーリング時の快適性とオフロードでの走破性の両立を狙って作られています。ただモデルによって、ツーリング性能とオフロード性能のどちらかを重視しているかによって若干変わってきます。ツーリング性能重視のモデルは前後17インチホイールにダウンタイプのサイレンサーを、オフロード性能重視のモデルは20インチ前後の大径ホイールにアップタイプのサイレンサーを採用していることが多いです。この"アドベンチャー"は最近では色々なメーカーから続々と発売されていて、現在トレンドのモデルといえるでしょう。

私もV-Stromがマジで欲しいです…(笑)

アメリカン(クルーザー)

もはや説明するまでもないほどバイク好きの方(特におじさま方)なら分かる「ハーレーダヒッドソン」のバイクのようなスタイルを持つバイクを"アメリカン"または"クルーザー"と呼びます。

低い車高に長いホイールベースといった特徴があり、足つき性も異常なまでに良いです。 足を前方に投げ出すようなステップ、手元まで伸びるハンドルバーをも特徴のひとつです。ガンガン走る人には向かないバイクですが、ゆっくりまったり走りたい、遠くまで走りたいという人にはうってつけのバイクです。 ただしバイク自体が非常に大きいので、置き場所に困ります(笑)

あと特にハーレーは盗難も 怖いです。

ビッグスクーター

もはやでかい原付という見た目をしているのが"ビッグスクーター"です。"アメリカン"のようなゆったりとしたライディングポジション、クッション性のよいシート(走るソファー)、すぐれたタンデム性能(後ろもソファー)、オートマチックトランスミッションなので操作も簡単、スクーターなのでシート下の収納もあるので積載性能も他のバイクとは比べ物にならないぐらい良いです。以上の特徴から一度2000年代にブームとなりました。しかし、ブームが終わってからは徐々に下火となっていき、現在では125cc~200ccクラスを中心としたコンパクトなタイプのスクーターにその人気を奪われつつあります。ホンダ・PCXが大人気ですね!!


いかがだったでしょうか。一口にオートバイといっても色々な種類があります。みなさんもメーカーのホームページや、お店などでこの記事の特徴を参考にしながらバイクを選んでみて下さいね!!

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!