【クレーン車の知識】オールテレーンクレーンってなに?

みなさんこんばんは。けいともです。

みなさんこのシリーズの記事はお読みになっていますでしょうか?

このシリーズも第3回目となりました。(実質4回目ですが…)

今回は前回紹介したラフテレーンクレーンに続きまして「オールテレーンクレーン」について紹介していきたいと思います。その前に前回の記事を下に貼っておきますので、まだ読んでいない方は先にそちらを読んでいただけますと幸いです。

それではさっそく紹介していきましょう!

オールテレーンクレーンとは?

画像は「wikipedia」より引用

上の画像が「オールテレーンクレーン」と呼ばれるクレーン車になります。

こちらのクレーン車は一目見ていただければ分かるように非常に大きなクレーン車となります。大きなものになると、一番大きなトラック(いすゞ・キガ等)と比べても比にならないぐらい大きいです。運転が大変ですね(笑)

多いものだとタイヤが8軸あるものも存在します。(タイヤ交換費用だけでもバカにならない…)

というのもこの「オールテレーンクレーン」は公道を走行することが出来ます。(様々な制約はありますが)

走行する際は「ラフテレーンクレーン」とは違い、「大型自動車免許」が必要となります。

ただし、車体があまりに大きいため、クレーン車として完成した状態では基本的に公道を走行することが許されておりません。クレーン車の大きさにもよりますが、細かく分解して運送しなければなりません。

つまり、このクレーン車を現場へ運ぼうとすると、このクレーン車とは別にトラックやトレーラーで運ぶことになります。現場でもクレーンを組み立てなければいけないので、作業するまでに時間を要します。

「ラフテレーンクレーン」と違う点は、車両を運転する時とクレーンを運転する時で別々の運転席で行うというところです。最近では一つのエンジンで走行部とクレーン部を動かすというものも増えてきていますが、走行部とクレーン部を別々のエンジン(つまり2つのエンジン)で行うというものが多くなっています。

つり上げられる荷重は最大で100t~600t程度のものが日本では主流です。

ラフテレーンクレーンよりもつり上げられる荷重が大きいので、クレーンオペレーターとして出世するならこの「オールテレーンクレーン」に乗ることが目標となってくるのかな?(私はクレーンオペレーターの経験はありませんが、ラフテレーンクレーンを乗ってからオールテレーンクレーンへのステップアップが多いように感じます)

このオールテレーンクレーンは車格はかなり大きいですが、「ラフテレーンクレーン」と同じく前輪以外のタイヤも操舵できますので、悪路・狭路の走破性も高くなっております。

以上のような理由から、「ラフテレーンクレーン」ほど流通はしていないと言えど、日本で主流になっているクレーンの一つとなります。

このオールテレーンクレーンの仕事は基本的に大きいものであることが多く、橋を架ける現場などで見ることが出来るかもしれませんね!

最後に

いかがだったでしょうか。今回もしかしたら説明が漏れているところがあるかもしれませんが、もし気づきましたら改めて紹介させていただこうと思います。

次回はクレーン車の車両紹介の最後のシメということで、「クローラクレーン」について紹介させていただこうと考えております。もしよろしければそちらの記事も読んでいただけますと幸いです。

それではまたお会いしましょう。

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!