【クレーン車の知識】ラフテレーンクレーンってなに?

みなさんこんにちは。けいともです。

今回は前回はトラッククレーンの解説をさせていただきましたので、今回は「ラフテレーンクレーン」について解説していきたいと思います。前回の記事をご覧になられていない方は、下に記事を貼っておきますので、そちらからご覧になって下さいね。

ちなみに少し順番が前後しましたが、「クレーンの定義」についての記事もありますのでそちらもご覧いただけましたら幸いです。

それではラフテレーンクレーンについて紹介していきましょう!

ラフテレーンクレーンとは?

画像は「wikipedia」より引用

上の画像が「ラフテレーンクレーン」と呼ばれるクレーン車となります。

日本では昔は前回紹介した「トラッククレーン」が主流となっていましたが、今では取って代わってこの「ラフテレーンクレーン」が主流となっています。

最大の特徴は、車両の運転席とクレーンの運転席を同じ運転席で行えることです。

ただし、この車両は大型特殊車両に分類されるため、公道を走行するためには「大型特殊車両」の運転免許が必要になります。

大型特殊車両なので、高速道路は走行出来ません。最高速度も49km/h程度に抑えられています。

(ただし高速道路上で作業することはあります)

つり上げ荷重も様々で、5t~100tぐらいまでと様々です。(つり上げ荷重が増えるほど当然車両も大きくなっていきます)

また解説記事は投稿しますが、このラフテレーンクレーンにはトラックにはない「4輪操舵機構(6輪以上もある)」を備えており非常に小回りが利きます。

「4輪操舵機構」というのは、車両の前輪がハンドルの切れ角に合わせてタイヤが切れるのは当然ですが、後輪も切れるというシステムです。前輪と同じ方向に切れれば、斜めにまっすぐ走ることも出来ますし、前輪と逆向きに切れば小回りを利かせられます。さらに、後輪のみを操舵することも出来ます。(これはフォークリフトなどを想像していただければ分かりやすいと思います)

このように、つり上げ荷重も大きく、小回りも効くという点から日本では主流となっているクレーン車となります。

主流になってきているだけあって、各メーカーも非常に力を入れており、今ではクレーン部をラジコンで動かせるものまで存在します。(ただし操作は限定されます)

このような大きなクレーンがラジコンで動くさまを想像したら若干怖いような気がしますが…(笑)

ちなみにこの「ラフテレーンクレーン」は通称「ラフター」と呼ばれますが、実はこの「ラフター」はあるメーカーの登録商標ですので、正式名称てはありません。「キャタピラ」や「ユンボ」などと同じような感じです。

以上が「ラフテレーンクレーン」の解説でした。

最後に

いかがだったでしょうか?

もっと詳しく解説しようとすれば長くなってしまいますので、今回はこの辺でご容赦下さい。またの機会にもっと突っ込んだ解説が出来ればなと思います。

この「ラフテレーンクレーン」は街中でも良く見かけることが出来ます。朝や夕方の時間帯なら公道を走行するラフテレーンクレーンを見ることが出来るかも?みなさんも是非探してみて下さいね!

次回は「オールテレーンクレーン」について解説したいと思いますので、そちらの記事も読んでいただけましたら幸いです。

それではまたお会いしましょう!

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!