【バイク教習所】一本橋のコツとは!?

今回はバイク免許を取得する際に教習所にて実施する「一本橋」のコツについてお話します。苦手な方も多いのではないでしょうか?私が取得した際はそんなに難しいとは感じませんでしたが、色々な方にお話を伺っていると「難しい」と感じている方が多いようです。特にご高齢(40代以上?)で普通二輪免許や大型二輪免許を取得しようとしている方にそう感じている方が多いみたいです。

一本橋の目的と採点基準

一本橋とは、正式名称を「直線狭路コース」といい、平均台とも呼ばれます。この種目では、狭い道路でも低速で安全に走行出来る技術を修得するのが目的とされています。

一本橋の形状は「長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチ」の直線路で、教習では一本橋上に前輪を乗せた状態ではなく、3メートル手前の停止線からスタートします。

取得する免許の種別によって維持しなければならないタイムが変わっていて、上のランクの免許になればなるほどゆっくり走らなければなりません。目標タイムは以下の通りです。

小型二輪(50cc~125cc ) 5秒以上
普通二輪(400cc以下) 7秒以上
大型二輪(401cc以上) 10秒以上

以上のタイムを下回って一本橋を早く渡りきってしまった場合は、減点対象となります。減点は1秒不足ごとに5点と定められています。

また、以下の行為をしてしまった場合は即失格となります。

  1. 転倒する
  2. 一本橋に乗れない
  3. 通過出来ない
  4. 一本橋を踏み外す
  5. エンストを起こす

一本橋を渡る際のコツは?

一本橋を渡る際のコツとしては、一本橋を進入する際に、出来る限り車体をまっすぐにして進入することです。少しでも斜めに進入してしまうと、一本橋に乗り上げた際に、車体をまっすぐにしようとする無駄な動作が必要となってしまうので、バランスを崩す原因となります。

車体がまっすぐ一本橋に乗り上げたらあとは目線は出来る限りゴール(目標点)を見るようにして下さい。そうする事で、視線移動に伴う無駄な力が入りにくくなります。

タイムを伸ばそうと、減速しようとすることもバランスを崩す要因となります。「自分が安定して走行できる最低速度」を教習中に把握し、本番ではその速度を下回らないようにするのも大切です。その結果、少しタイムが速くなってしまっても、一本橋から落ちたりして失格になるよりはダメージが少なく済みます。

走行のコツとしては「アクセルをわずかに開けて、半クラッチを維持する」ことです。バランスを崩しそうになったら、無理をせず加速し、安定したら「リヤブレーキを効かせる」ことです。フロントブレーキを使用するのはバランスを崩す要因となるため、あまりおすすめしません。

ニーグリップ(バイクのタンクと自分の膝を密着させること)を意識することも忘れないでください。車両との一体感を出すために必要なことです。低速走行時でも、あまり重心変化が起こらずに安定感が増します。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事を参考に教習でも生かせていただければと思います。また教習に関する記事は投稿すると思いますので、よろしくお願いいたします。

では。

おすすめの記事
本日の注目記事!!